新しいアリスができるまで
高山宏×佐々木マキ『鏡の国のアリス』刊行記念
複製原画&ポスター展

日 程:2017年12月18日(月)~2018年1月14日(日)
時 間:11:00~20:00
場 所:アウラの部屋 心斎橋アセンス3階
協 力:亜紀書房
icon-flag 入場無料
※ 2018年1月1日は休業させて頂きます。
  ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

鏡の向こうに見えるのは、キュートでフシギな世界。

漫画家・絵本作家の佐々木マキと、英文学者・翻訳家の高山宏の2人が贈る、新訳・新挿絵版『鏡の国のアリス』が発売!
この刊行を記念して、『鏡の国のアリス』、そして前作『不思議の国のアリス』の複製原画や色校などの貴重な資料を展示いたします。

ナンセンスで味わいのある作風の佐々木マキが、80点にものぼる描き下ろしイラスト(オール2色刷り)を手がけ、第一級の審美眼を持つ高山宏の新訳によって、新しく生みだされたアリスの世界。
思う存分ご堪能くださいませ。

また、同会場にて佐々木マキの個性豊かな絵本も展示・販売しております。

佐々木マキ(ささき・まき)

1946年神戸市生まれ。マンガ家・絵本作家・イラストレーター。
1966年に「ガロ」でマンガ家デビュー。
1973年、福音館書店より絵本『やっぱりおおかみ』を刊行。
マンガ作品集に『佐々木マキ作品集』『ピクルス街異聞』『佐々木マキのナンセンサス世界』『うみべのまち』。
絵本に『ぼくがとぶ』『ぶたのたね』『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』『ねむいねむいねずみ』ほか多数。
エッセイ集に『ノー・シューズ』などがある。京都市在住。

高山宏(たかやま・ひろし)

1947年岩手県生まれ。批評家。翻訳家。
1974年東京大学大学院人文科学研究科修士課程終了。
大妻女子大学比較文化学部教授。
著書に『アリス狩り』『近代文化史入門 超英文学講義』『殺す・集める・読む 推理小説特殊講義』『新人文感覚Ⅰ 風神の袋』『新人文感覚Ⅱ 雷神の袋』ほか多数、
翻訳書にウィリアム・ウィルフォード『道化と笏杖』、ジョン・フィッシャー『キャロル魔法館』、エリザベス・シェーエル『ノンセンスの領域』ほか多数。

 

 icon-flag 同時開催   “アリス”ブックフェア

佐々木マキ&高山宏によって新しく生まれた“アリス”以前にも、数多くの“アリス”が出版され、多くの人から親しまれてきました。
今回のブックフェアは、多種多様な“アリス”たちを集めてみました。この機会に、さまざまな“アリス”を見比べてみませんか?
あなたにぴったりな“アリス”と出会えるかもしれません。是非、展示と合わせてお愉しみください。


アクセス


多目的スペース「アウラの部屋」


〒542-0085
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目6-10 3階
TEL 06-6253-0185

大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線 心斎橋駅
5号出口より、心斎橋筋商店街を南(難波方面)へ2ブロック
心斎橋筋と周防町通りの交差点、心斎橋筋ビル3階
書店・心斎橋アセンス入って奥の部屋

アウラの部屋とは